「夜霧の古城」のウェブページ

夜のとばりは今日もおり、湖水に夜霧のかかるとき、丘の上の古城を偲ぶ

*当ブログの記事、図表、写真の著作権は、mori-chanにあり、無断転載はお断りします

主な記事

徳川家康と知多半島

船橋を歩く

京の通りと町並み

桐生と黒川山中

戦争・軍隊関連    ( 「ニイタカヤマノボレ」 海軍無線塔と船橋  ほか )

東海の古寺と史跡

関東の古寺と史跡

関西の古寺と史跡

遺跡          ( 台地ごと宅地開発でなくなった長作城址 )

 

その他、歴史関連記事

Kennkonhondo

写真は乾坤院 (愛知県知多郡東浦町)

コメント

初めまして、よく勉強されているようで感服します。
いつのご投稿か分かりませんが、妙胤寺の墓地の仏像にお尋ね様だったので、素人の私見を書かせて頂きます。
妙胤寺は日蓮宗に改宗したと聞いています。本来日蓮宗の本尊は大曼荼羅だと思いますが、この妙胤寺では「釈迦牟尼仏」らしいです。
門を入った左手にも鋳鉄製の同じ像様の仏像が祀られています。
 酒々井の西、八千代市島田220付近 協同館の横に 子安大明神があり、ここの祠に丸彫りではありませんが「元文2年の妙法子安釈迦文佛」と少し下って子供を抱いた「寛政13年酉子安釈迦佛」があります。ここは釈迦信仰の日蓮宗の妙泉寺の檀家の村です。
 この像がお尋ねの像にそっくりです。確認されたら如何でしょうか。島田から北は旧神保領で日蓮宗の影響が強いところです。
 妙胤寺には清正公の像、手形あるそうなんですが、何となく足が重く行きかねています。熊本県人にとっては清正公は神様ですので、いずれ参ろうかと思っています。
 蛇足ですが、妙胤寺の場所は酒々井町の本佐倉になります。

投稿: ひらかわ | 2014.10.13 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。