« 研究会のチューターで音楽を流す | トップページ | 工場正門の横にある別の門 »

2009年12月31日 (木)

眼下に見た、木更津の街と海

先日、また木更津に行きました。高射砲のあった場所から、木更津海軍航空隊跡の方をみると、木更津の街とその先の現在の陸自木更津基地、さらに東京湾が見渡せました。

東京湾の向こうには川崎、さらに横浜ベイブリッジが見えるではありませんか。

千葉の隣は、神奈川。房総の豪族、里見氏や正木氏が、三浦半島から渡ってきたのも、よく分かります。木更津から川崎へ鉄道を開通させてほしいと思っているのは、わたしだけでしょうか。

Kisaradu

|

« 研究会のチューターで音楽を流す | トップページ | 工場正門の横にある別の門 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84760/47169753

この記事へのトラックバック一覧です: 眼下に見た、木更津の街と海:

« 研究会のチューターで音楽を流す | トップページ | 工場正門の横にある別の門 »