« 夏の終わり | トップページ | 門前の小僧習わぬ植物観察 »

2010年9月13日 (月)

手賀の歴史散歩

手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会では、今まで近隣の歴史見学会をやってきましたが、直近でその候補になっているのが、手賀。

柏市手賀ですが、手賀沼は、なぜこの手賀の名前を冠しているのか、いまだに分りません。また、手賀は、10年ほど前から、たまに来て、城跡を見ていますが、その全貌がはっきりしません。軍船を係留した場所が分ればよいと思っています。

それは兎も角、何度か下見とプラン作成に行っています。手賀の見どころは、ハリストス教会と手賀城跡(遺構は断片的にしか残っていませんが)。ほかに兵主八幡神社など。

<手賀ハリストス教会>

Tegakyoukai

つい最近、手賀まで下見に行き、手賀寿司さんでランチを食べましたが、寿司一カンが、通常家の近く等で食べる寿司とくらべると、倍くらいあります。特にシャリは、俵結びくらいあり、しかも甘くてうまいのです。マスターもいい人です。

手賀をまわるとき、欠かせないのが手賀原氏の存在。原氏の墓所で説明しようとおもいましたが、お墓はどうも苦手で早々に退散したく、やはり城跡で説明した方が良いかもしれません。

関係ありませんが、ぶどうを頂きました。手賀の人は親切な人が多いです。

<頂いたぶどう>

Tega_budou

|

« 夏の終わり | トップページ | 門前の小僧習わぬ植物観察 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

松ヶ崎城」カテゴリの記事

関東の古寺と史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84760/49433066

この記事へのトラックバック一覧です: 手賀の歴史散歩:

« 夏の終わり | トップページ | 門前の小僧習わぬ植物観察 »