« 2005年2月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.04.16

中世城郭と商工業者、遊芸人

守護大名クラスの氏族が治める中世の大城郭の周りにある交通の要衝、例えば街道の分岐点や海や河川、湖沼に面した湊や津は同時に農作物などの集散地であり、運搬に従事する馬借などのほか、各種物産の売買にあたる商人や武具や農具、日用品などの生産にあたる職人も、城下に居住し、都市を形成していった。
そうした商工業者以外にも、遊芸人あるいは遊行僧もそうした都市に定住しないまでも、一定期間留まっていたし、街のはずれには刑場のような場所とともに遊女屋などもあった。遊芸人としては中世には後に能となる猿楽や人形劇である傀儡子、猿回しなど座を形成するものから、個人で芸を行うものがあり、遊行僧としては時宗の踊念仏の僧や高野聖などがいた。各地に残る上人塚とは、こうした遊行僧が行き倒れたのを憐れんだ人々が祀ったものも多いであろう。
例えば、下総の守護大名である千葉氏の室町中期以降の本拠地であった本佐倉(現在の印旛郡酒々井町から佐倉市本佐倉、将門町)では、内郭の外側に外郭を配し、直臣層を中心とした家臣団が城の周囲にある根古谷集落に住んで、根古谷の周囲には同心円状に町場と支城群を配することによって、守りを堅固にしていた。言い換えると、その同心円はまた内郭に城主と家族を、外郭に一族や家臣団を、さらにその外側に住民を居住せしめた惣構となり、北に印旛沼の水路、南に下総道という交通手段をもって、外界と接していたといえる。
本佐倉では、家臣達が本佐倉に集まってくると、延徳2年(1490)には、城下に市と町がたてられたという。城下北方にあった浜宿東端にあたる字「松合」という場所の微高地付近に、鎌倉期の陶器や宋銭などが出土しており、中世に市が立てられていた痕跡が残っている。当時、浜宿河岸は印旛沼という大水路による交通の拠点であり、陸上輸送では下総道という輸送路が重要な役割を果していた。実際、現在の国道296号線の通っている「上宿」という場所には、本佐倉の町場が作られたことが、発掘の結果分っている。「上宿」「中宿」「下宿」という下総道沿いの町場は、物資の集散地であり、宿にすみついた住民、すなわち商人や職人などにより、流通交易がされ、商業地としての機能を持っていた。
注目されるのは、篠田氏という千葉氏の家臣は、商人的な側面ももっていたことで、江戸期に本佐倉の城下の一部が酒々井宿となったとき、篠田大隈守が町役人の筆頭となったことに見られるように、千葉氏のごく身近にも御用商人的な人物がいた。それほど、千葉氏の屋台骨を、彼ら町場に生きる商工業者が支えていたということかもしれない。

<かつての浜宿河岸から印旛沼方面を見る>
motosakura-hama

こうした本佐倉には、遊芸人も集まってきた。本佐倉の妙胤寺の近くは、猿楽場という地名が今もバス停の名称として残っている。これは、文字通り猿楽が行われた場所であり、猿楽の座が本佐倉において興行を行ったことを意味している。
猿楽の座が本佐倉において興行していたことは、大和などで盛んであった芸能が本佐倉でも行われた経済的、文化的な背景が当地にあったことに注目するとともに、本佐倉の町場がどの程度まで室町期において展開されていたのか興味が持たれる。

<猿楽場のバス停>
motosakura-sagakuba

そもそも猿楽とは古代の散楽に起源をもち、散楽戸が廃止となって、国家の庇護に頼れなくなり、そのなかから主に大きな寺社に隷属する被差別民である、散所の声聞師として猿楽を行うものが発生し、やがて芸能集団としての座を形成するようになった。観阿弥は大和猿楽四座の一つである結崎座を率いていたが、その始祖は古代散楽の流れを汲む秦姓の散楽戸であったという。観阿弥、世阿弥親子は猿楽を、芸術的な幽玄能にまで昇華させたが、猿楽を舞う大夫としての差別は彼らとて例外ではなかった。
本佐倉の猿楽場の地名の残る場所は、本佐倉城下の西端で妙胤寺だけでなく、多くの寺社があった場所であり、あるいは猿楽場で猿楽の興行を行っていた芸能民も、それらの寺社に属して定住していたのかもしれない。
一方、差別されたのは遊芸人や高野聖に代表される遊行僧だけではなく、商工業者、すなわち鍛冶、皮革加工などの武具、農具等の生産者、馬借その他商人についても差別の対象となった。各種職人は当時のハイテクの担い手であったのに、彼らの社会的な地位は低く、例えば竹細工の一種で茶筅を製造、販売する人々について、中国地方では「茶筅」と呼び、それがすなわち被差別部落民を示す言葉になっている。
浅草の近くに、かつて大きな被差別部落があったが、浅草の近くに被差別部落があったのは武蔵千葉氏の拠点である石浜城があり、武蔵千葉氏が当時のハイテクの担い手である被差別民を連れていたためという説がある。実は本佐倉の城下の一部であった、ある場所にも被差別部落があったが、浅草の近くの部落と石浜城と同様な関係が、その部落と本佐倉城との間にあったということか。
商工業者、遊芸人などの社会的地位の低さは、中世独自のものではない。特権を与えられた町役人クラスや裕福な大商人の類は別として、近世においても連続している面がある。あるいは、現代にも。やはり、これは農業中心の社会観、天皇を頂点とした貴種崇拝が、日本の思想的な底流にあるからであろう。

(註)
本稿において、浅草付近や本佐倉城下の被差別部落の起源について言及しておりますが、もとより差別的な見地で行っているのではなく、商工業者や被差別民を含む遊芸人など、中世の民衆がおかれた社会的状況の一つとして記述しております。むしろ、天皇を頂点とした貴種崇拝のような考え方には、反対であります。万人が平等であり、人間性の尊厳はなんびともおかすことができないものであることは、言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.10

郭内が郭外より低い城~佐倉市井野城址、臼井屋敷址

井野城址は、小竹城の北西約1.2Km、千手院の北方約400m、臼井城の西2.5Kmの場所にあり、井野の北部調整池を南に望む台地上にある。北部調整池は、東の井野川とつながって、台地の東と南をめぐっていたと思われ、その台地はあたかも島のように周辺から独立して守るに堅く、台地からは四方の低地を見渡せる。今はユーカリが丘からのびるモノレールの中学校駅から、東へ100mほどと近い位置に城址はあり、東から西へモノレールのユーカリ線が城址のある台地を取り巻いている。井野の集落からは、千手院の横の道を真直ぐ北へ下り、北部調整池を越えると、台地裾中央に鳥居があり道祖神社が祀られている。その右には浅間神社の鳥居があり、そこから石段を上ると浅間神社がある。
道祖神社の向って左にある小道を上っていくと、八社大神があり、その辺りが井野城址である。この八社神社の東側については平成15年10月~12月に発掘調査が行われ、内耳鍋や擂鉢、瀬戸・美濃焼の平碗、花瓶、天目茶碗、中国青磁器などの遺物が出土し、15~16世紀に存続した城址であることが分っている。八社大神の石段を上り、境内の神社社殿に向って左側の、八坂大神、神明宮、疱瘡神の小祠が祀られている高みに上ると、北東側に約30m四方の郭があるのがわかる。その祠の祀られている高みは大きな古木が2本生え、全面は根で覆われているため分り難いが土塁であり、祠のある西端部分は幅が4m以上で櫓台かもしれない。
その郭内は、郭外よりも一段低くなっている。特に西側は郭内は7m位の深さをもっており、東西、南北各々30mほどで、北西、南西の隅が郭内に張り出した、凸の字を左に90度回転させたような形で、全体的に方形の摺鉢のような形をしているが、これが主郭である。この八社神社境内北側にある郭のさらに東側にも、南北25m、東西15mほどの方形の郭が一郭ある。そのさらに東側の台地端には明確な土塁址などが見られないが、平成15年の発掘調査では土塁が検出された。主郭と東側の郭とは、崩れて不明瞭ながら仕切り土塁があって区切られ、その中央部分が開いており、郭同士連絡するようになっている。東側の郭の北の部分には、東側から土塁がのびて、主郭との間の土塁と虎口を形成している。その東からのびる土塁は高さが2mほどあり、その外側は空堀となっている。発掘調査によれば、その空堀は東から北へ湾曲して続いていた。また、検出された東側にあった土塁のすぐ東には大きな井戸址があり、その井戸址から鉄滓や鞴の羽口、五輪塔の一部が出土している。すなわち、付近で小鍛冶が行われたらしく、八社神社周辺に墓地もあったことが分っている。

井野城址の主郭

ino-kakunai

主郭東側の郭の虎口

ino-koguchi

さらに発掘調査では、多くの地下式坑と土坑、溝も見つかっていて、前述の東側郭の北にある虎口のさらに北へ50mほどの地点からは地下式坑や溝を埋めて土塁を構築した址が残っており、城址が時代を経て防備を固めるための改修されたことを示している。
なお、八社大神の境内自体も、腰郭であったようで、土塁の残欠と見える高みが境内南端にも残っている。八社大神の裏、台地の東南の一角は、郭内より高くなっているが、平坦になっていて、土塁などの遺構が見られない。さらに、郭の北から北西外側に帯郭があり、その帯郭の外縁部には土塁がついている。かつての帯郭は現在は小道となっており、郭の北東にある虎口に続いている。空堀様に浅い窪地が郭の北西から北東へ続く。南側低地から八社大神へ上る道も、竪堀であった可能性があり、南側低地面から向って左側に竪土塁が付いている。南側低地には、北部調整池があるが、かつては井野川に繋がり、水堀の役割を果たしていたと思われる。
井野城の城主については、伝承もなく、不明である。しかし、小竹城や小竹氏が寺領を寄進した千手院との近さや臼井城の西約2.5Kmという位置関係から見て、やはり小竹氏ないしは臼井氏の城だったのではないか。郭内が郭外よりも低くしてあるのは、何らかの事情で郭内部を外部から見通せないようにしてあるわけで、臼井城周辺の臼井屋敷址、四街道の池ノ尻館址などの遺跡と共通している。
例えば臼井屋敷址は臼井の南南東約1.5Kmの低地面からの比高約10mの舌状台地の先端部にあり、2つの郭が土橋で連結するが、主郭であるⅠ郭がⅡ郭より1m程度低い。主郭は1辺が20m前後であり、台地上を方形に掘り下げたような形で、東西の辺の土塁中央に虎口が1つづつある。臼井屋敷は、その名の通り臼井氏に関連ある土豪、臼井氏の被官層の誰かの屋敷であったといわれ、規模的には20m四方程度の郭が2つあるに過ぎない。臼井屋敷址にせよ、井野城址にせよ、臼井周辺の小規模城址に、郭内が郭外より低いという構造がみられるというのは、臼井衆特有の築城法であろうか。(臼井屋敷址の主郭(Ⅰ郭の西側虎口))
KC320020

あるいは、筆者が想像するに、井野城址の南にある北部調整池は、かつて井野川に繋がり、さらに印旛沼に続いており、井野城は臼井城への兵站基地であったのではないか。井戸址から見つかった鉄滓などから考えて武具や馬具などを作る小鍛冶作業が営まれ、一時的に兵糧などの物資を郭内に集積し、水路を使って必要な時に臼井へ運んでいた可能性がある。
ユーカリ線が通って宅地開発が進み、井野城址があり、井野集落の人々の信仰の森であるこの台地にも、開発の波が押し寄せ、既に周囲は宅地造成が進んでいる。西側には、瀟洒な戸建住宅が建ち並んでいるが、筆者の目から見ると、どの家も同じように見えてしまう。日本の人口は減少していくそうだが、東京都心から通勤に2時間もかかるような土地の里山を潰し、わざわざコンクリートだらけにして何が面白いのであろうか。
(参考文献:「佐倉市井野城跡-もののふが駆け抜けた乱世-」(印旛郡市文化財センター 阿部有花))

造成が進む北部調整池の周辺
ino-ike

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年8月 »