« 徳川家康と知多半島(その1:成岩の天龍山常楽寺) | トップページ | 徳川家康と知多半島(その3:岩滑城の中山氏) »

2005.11.22

徳川家康と知多半島(その2:成岩城とその周辺)

前回、成岩の常楽寺について、徳川家康との関係を中心に紹介した。成岩城についても、若干触れたが、写真が日没後のものだったり、周辺について書き足りていないので、再度成岩から成岩城とその周辺についてレポートする。

<成岩城址と石碑~「成岩城址」の字は成瀬正雄子爵の書>
narawajyou

成岩城は、半田の臨海工業地帯の一角にある鉄鋼メーカー、Jスチール知多製造所の正門の西600mほど行った、現在の半田市有楽町7丁目周辺の細長い台地上にあった。そこは、成岩の集落をおさえ、海にも近い好立地で、船で知多半島はもちろん、衣浦湾を越えて三河にも出ることができる。成岩の北の亀崎には、水軍がいたというから、このあたりも同様に海の武士たちが蟠居する場所であったかもしれず、住民も漁民が多かったであろう。

城主の榎本了圓は、常滑の時宗の僧(衆徒)で、金蓮寺という寺にいたという。時宗は一遍上人を開祖とする「南無阿弥陀仏」の念仏を唱える念仏宗であり、いわゆる「踊念仏」で知られる。榎本了圓が常滑を離れた理由はさだかではないが、知多半島西岸を治めていた一色氏の勢力が衰えたことに関係していそうである。どういうわけかは分らないが、時宗の僧が、成岩に来て城主となった。おそらく、榎本了圓は成岩の衆に担ぎ上げられて、城主になったものらしく、地域の一揆的な結合が基盤にあったと思われる。成岩の南の,現在の武豊、当時の長尾の長尾城には岩田氏があって、榎本了圓の成岩城と連携していた。長尾城の岩田氏は、鎌倉時代から当地にいた在地領主である。

<成岩城址と石碑碑文>

narawa-hi

一方、緒川城主であった於大の方の父、水野忠政、その子信元(忠次)は、勢力を知多半島一円に伸ばそうとしていた。水野氏は、今川と織田の中間にあって、その時々に勢いのあるほうに加勢していた傾向があった。また三河に領地をもっていたため、松平氏とよしみを通じ、松平親康(家康の祖父)の代から姻戚関係にあった。もちろん、家康は松平広忠と於大の方の間に生まれたのであるから、家康自身が水野氏の松平さらにはその後ろにいる今川への政略結婚で生まれたともいえる。

いずれにせよ、水野氏は知多半島を手中にいれて、その勢力を確立しようとしていた。榎本了圓の成岩城は、あたかも長島の一揆勢が信長に抵抗したように、そんな水野氏の野望とあいいれない存在であったろう。
その成岩城は、榎本了圓ら念仏を唱えた成岩衆がよく守ったが、敵の間者に火をかけられことから、西側の紺屋が淵からの敵の一斉攻撃に崩れ、天文12年(1543)ついに於大の兄水野信元によって攻め落とされた。同年勢いにのる水野軍の侵攻により、長尾城の岩田安広も降伏し、仏門に入った。水野信元は、成岩城をせめるために砦を築き、成岩砦とか水野砦といわれる。成岩城址の北へ400mほどいった、鳳出観音(砦観音)がその址だというが、遺構は残っていない。ちなみに、成岩城の榎本了圓がどうなったか、記録がないとのことである。

水野氏の手におちた成岩城には、大府の横根城にいた水野の家臣梶川五左衛門文勝がそのあとに移った。この梶川氏は、後に朝鮮の役で戦死し、成岩城も廃城となった。その後慶長16年以降は、犬山城主の成瀬氏の領地となる。家康が桶狭間合戦の後、成岩に身を寄せたときには梶川氏が成岩城主であり、水野の血をひく家康を成岩湊に丁重に送ったのであろう。

成岩城址にたつ石碑は、成岩町が昭和12年(1937)9月に建立したものである。そして、その碑文には、以下のように書かれている。

「天文年間榎本了圓氏此地ニ東西三十五間南北ニ百三十間ノ居城ヲ築キ成岩長尾両村ニ馬場ヲ置キ成岩ヲ領シ殷賑ヲ極ム
後水野下野守信忠ノ為ニ略サレ其臣梶川五左衛門ノ居トナル
慶長十六年犬山成瀬隼人正ノ領地トナリ其ノ支配ヲ受ク
以テ今日ニ及フ(以下、略) 昭和十二年九月    成岩町」

表の字も成瀬子爵の手になるものであるし、今回レポートした成岩が成瀬氏の領地であったとは、今までのブログの内容と重なって、奇遇である。

下の写真は、ご近所の庭越しに見た成岩城址であるが、少し小高くなっている様子がわかるであろう。

<ご近所の庭越しに見た成岩城址>

narawajyou-ura

また、成岩の北、半田市の最北、阿久比町との境に近いところに、岩滑(やなべ)城があった。ここには於大の方の妹が嫁した中山氏がいた。そして阿久比には於大の方の再嫁先である坂部城主久松佐渡がいた。そのあたりから、於大の方の生家水野家について、今度は詳しく見ていくことにする

|

« 徳川家康と知多半島(その1:成岩の天龍山常楽寺) | トップページ | 徳川家康と知多半島(その3:岩滑城の中山氏) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84760/7260237

この記事へのトラックバック一覧です: 徳川家康と知多半島(その2:成岩城とその周辺):

« 徳川家康と知多半島(その1:成岩の天龍山常楽寺) | トップページ | 徳川家康と知多半島(その3:岩滑城の中山氏) »