« 徳川家康と知多半島(その13:半田、阿久比の関連史跡余話) | トップページ | 続・習志野地名考 »

2006.03.26

習志野地名考

たしか、シャインズの歌だったと思うが、「BMに乗っているけど習志野ナンバー」というような習志野ナンバーの車を揶揄する歌があった。習志野といえば、高校野球で有名だった市立習志野高校(最近はサッカーかな)や埋立地の工業地帯を思い出す人も多いだろう。千葉県に習志野市という市があるが、実は習志野という地名は船橋市にある。こういうと、ややこしいが、習志野という町名や駅名は船橋市内にあって、もともと習志野という地名の発祥地も船橋市内の習志野原である。習志野原はかつては大和田原と呼ばれ、松原の広がる広大な原であったが、明治初期に陸軍の演習が行われて以来、陸軍の駐屯地になり、今では自衛隊がおかれている。

この習志野という地名は、明治以降の新地名であり、明治天皇が名づけたことになっている。すなわち、明治6年(1873)4月に近衛兵の大規模な演習があり、その演習に明治天皇が観閲し、陸軍大将であった西郷隆盛が同行している。そして、その演習が無事終わった5月になって、この地を「習志野ノ原」と命名する旨、明治天皇の名で触れだされている。それで、明治天皇所縁の地名になったわけだ。その由来については、演習をおこなう原という意味で「ならし運転」の「ならし」の原から「ならしの原」になったという説と、演習に参加して活躍した篠原国幹少将に皆見習えという意味で「習え篠原」から名付けられたという説がある。

<習志野自衛隊駐屯地~白い建物は空挺団>

narashino-kutei

<「明治天皇駐蹕之処」石碑>

narashino-hi1

<船橋市の説明板>

narashino-chimei

習志野原は前述のように陸軍が演習を行い、駐屯していた場所であり、現在の船橋市習志野、習志野台、三山から習志野市東習志野、大久保にかけて、兵舎や錬兵場などがあった。最近毒ガスなどが問題になっている陸軍習志野学校も、その一つである。

なぜ、習志野市が隣接する船橋市内の地名を市の名前にしているのか、よく分からない。船橋に長年住んでいる人間にとって、習志野といえば新京成の習志野駅周辺(つまり船橋市習志野、習志野台)をさすことが多い。習志野市といえば、津田沼、それも京成津田沼か、大久保を思い出すので、「習志野」という地名はやはり船橋市のなかの習志野あるいは習志野台である。少し北寄りになると、「キタナラ」こと新京成の北習志野駅辺りになる。

習志野市のなかの津田沼も、明治時代の新地名で、古くからある地名の谷津、菊田(久々田)、鷺沼から一文字ずつとった合成地名であるが、習志野という軍の駐屯地を背景とした町であった。そして、習志野市を代表する町である。習志野市も、「津田沼市」とでも改名すれば、より分かりやすくなるであろう。

<京成津田沼駅付近で行われた三山七年祭の菊田神社花流し>

miyama-kikuta4

|

« 徳川家康と知多半島(その13:半田、阿久比の関連史跡余話) | トップページ | 続・習志野地名考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84760/9263153

この記事へのトラックバック一覧です: 習志野地名考:

« 徳川家康と知多半島(その13:半田、阿久比の関連史跡余話) | トップページ | 続・習志野地名考 »