« 徳川家康と知多半島(その14:常滑の総心尼) | トップページ | 徳川家康と知多半島(その15:岩滑の中山氏) »

2006.04.25

徳川家康と知多半島(番外:緒川の於大まつり)

毎年、4月下旬になると、知多半島の付け根にあたる知多郡東浦町緒川では、町をあげたイベントである於大まつりが行われる。スタンプラリーや於大公園ステージでの各種イベントなどあるが、メインは、中央図書館から明徳寺川の左岸を於大公園ステージまで歩いていく、於大行列である。その於大まつりは、今年は4月22日(土)に行われた。

<ウォークラリーの宣伝の甲冑姿(JR緒川駅)>

Odaiwalk1

ウォークラリーの宣伝を駅でしていた甲冑姿の人に頼んで写真を撮らせてもらったが、兜の前立てがなぜか織田家の紋章になっていた。うーん、ここは水野家のお膝元なのに、一足飛びに織田?という疑問もあったが、その人に行列の行われる明徳寺川を教えてもらい、小生は素直に街中へ。

以前行った地蔵院の周囲にも、人だかりが。見ると菓子屋でお土産のお菓子に群がっている人たちであった。

<緒川の地蔵院付近>

Ogawajizouin

そうこうするうち、明徳寺川へ。丸いドームのような建物があったが、図書館とのことである。やがて行列が始まった。

<於大行列~図書館付近から行列がはじまった>

Odaigyouretsu2

川の両岸には、八重桜の花が咲いていた。行列の先頭はどこかの学校のバンドで、於大姫たちの直前には踊りの○○連の人々が踊っていた。

<先頭にはブラスバンドや踊りの何とか連が>

Odaisakuratoodori

<水野忠政が先達で進む>

Odaigyouretsu3

<籠にのった於大姫>

Odaigyouretsu4

<手を振る於大姫>

Odaigyouretsu5

<於大姫は花束を手に>

Odaigyouretsu6

<一体誰だろう? 水野忠政の前を歩く人>

Odaigyouretsu8

<於大姫もご苦労さん>

Odaigyouretsu10

ここで登場する於大の方は刈谷城に移る前の緒川にいたころの於大の方なので、6歳までの姫御前となり、その「於大姫」役として地元の6歳以下の女の子が抽選で選出される。その他、腰元役も20名抽選で選ばれる。今年は82名の応募があったとのことであるから、約4分の一の確率である。於大姫の籠の周りには、常にカメラ持参の人がついていてちょっと邪魔。小生は川の対岸から写真をとっていたのだが、肝心な時にカメラマン?が邪魔で写真をとるのも一苦労。なお、行列には女の子のお母さんと思しき女性が付き添っていたが、2年前の東浦町発行の於大まつりの資料には、皆単独で歩いている写真が載っていた。つまり、昨今の連れ去りなどの事件から、警戒を厳重にしているということだろうか。まったく物騒な世の中になったものである。

その他、父君である水野忠政に扮した人や水野信元役(これも少年である)、その他水野一族に扮した人々、さらには縁者として松平広忠、徳川家康も登場する。徳川家康は、当然ながら於大の方が緒川から刈谷に移った当時は、まだ生まれておらず、また今回の行列に登場した家康に扮した人は、どう見ても年配の方なので、時代が合わないところもあるが、これはご愛嬌であろう。小生の近くで見ていた人が知り合いらしく、「徳川家康」さんは挨拶していたが、なんとフレンドリーな神君家康公であろう。

<行列の後方には水野一族および縁故の武者が続く>

Odaigyouretsu12

緒川については、以前書いたが、今でも武家屋敷の趣きのある家があったり、黒い木壁の商家などが細い路地に沿って建ち並んでいて、古い日本へタイムスリップしたような情緒がある。また、緒川には於大公園に於大の道、さらには於大クリニック(こちらは阿久比にもあり、於大の方由緒の場所にあるようだが、設備も整った病院らしい)まで存在する。一方では郊外型の大きなスーパーもあるが、中世からの歴史を感じさせる古い町並みが緒川には残っている。

|

« 徳川家康と知多半島(その14:常滑の総心尼) | トップページ | 徳川家康と知多半島(その15:岩滑の中山氏) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84760/9757055

この記事へのトラックバック一覧です: 徳川家康と知多半島(番外:緒川の於大まつり):

« 徳川家康と知多半島(その14:常滑の総心尼) | トップページ | 徳川家康と知多半島(その15:岩滑の中山氏) »