« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007.04.17

徳川家康と知多半島(その23:大高城脱出考)

桶狭間合戦の後、徳川家康が如何にして岡崎帰還を果したかについて、前回仮説を述べた。巷間いわれることは、桶狭間合戦で今川義元が首級をあげられ、織田方の勢力の只中の大高城に取り残された松平元康、後の徳川家康に、今川が負けたことを知らせたのは、水野信元で、水野氏の手引きで岡崎まで落延びたということ。

しかし、これは事実であろうか。 これについては、桶狭間の合戦に先立つ、村木砦をめぐる戦い、石ヶ瀬合戦において、今川勢は、織田方となっていた緒川水野氏と戦ったのであるから、筆者としては疑義がある。今川義元は、村木砦を緒川城、刈谷城という水野氏の拠点の間に築くことによって、知多半島を席巻する水野氏の勢力圏に楔を打ち込み、水野氏はまた織田方の旗幟を鮮明にして対抗した。 大高城を今川が奪取し、鵜殿長照が守将として入るまでの大高城主である水野大膳亮忠守も、緒川水野氏と同様、当初今川方であったのが織田方となったものと思われる。

<現在の大高城の周辺地図>

Oodaka

そして、なぜ、徳川家康は桶狭間合戦後の敵が大勢いるなかを、三河の岡崎まで無事に帰ることができたかについて、筆者は大高城を脱出した家康が船で一旦知多半島の西に出て、大野か常滑で上陸し、知多半島を東に横断して成岩の常楽寺に入って、成岩浜から三河大浜へ再び船で行き、大浜から陸路岡崎に帰ったと考えた。

今回、これをもう少し検証してみたいと思う。

<成岩の常楽寺>

Jyorakujihondo

それは、桶狭間合戦に関する『信長公記』の記事のなかに、今川方についた二の江の服部左京助が大高下、黒末川河口に出張って、格別の働きがないために熱田に放火して帰ったという記述があるのがヒントとなった。

その服部左京助とは一向宗の僧であるとともに、水軍というか海の交易に関連した武士で、後に長島城代になった人物である。その服部は、大高城の近くまで来て、何もせずに帰ることはあり得ず、城内とはなんらかの連絡があったはずで、大高城に海から入ったと思われる。

つまり、当時は現在よりも海面が高く、海が内陸部まで入り込んでおり、大高城は今よりも海に近かった。つまり大高城は海に近く、すぐ側を大高川が流れていた、水運を背景にした城と考えられ、徳川家康は船で大高川を下って海に出て、大野か常滑に上陸したと考えられる。船で一旦西へ下れば、桶狭間の敗残を血なまこで探している織田勢には遭遇せず、知多半島の西岸で上陸したとしても、元々今川方が優勢であった地域である、大高から直接東へ出るより幾倍も安全であったろう。

前回の記事を書いた後、再度大高まで行ったのだが、案内板の地図を見て、「江明」という変わった地名があるのに気付いた。早速、近所の商店で「江明」とはどんな読み方をするか、聞いてみた。海岸寺の近所のT商店で聞いたが、「えみょう」という。「えみょう」とは何? なぜ、「えみょう」というのか、商店のおやじさんにも聞いてみたが、「さあ、何でかねえ。昔からそういうもんでね」という返事。ここら辺りは昔は海が近かったかと聞くと、「そうですね。すぐ前の寺が『海岸寺』というもんで」と指差したのが、大高城址に隣接する海岸寺。「海岸」というくらいだから、海に近かったのはよく分かる。海岸寺は仁王で有名らしいが、今は山門付近を工事中である。

<大高城址の案内板>

Annaiban

<海岸寺>

Kaiganji_4

「江明」の「江」は川の江、水の江の江であるのは、間違いない。では「明」は?江が明るいという意味だろうか。そうではなく、ふと千葉県佐倉市臼井田にあり、昔からよく知っている臼井城の本丸下に円応寺という寺があり、かつてその辺りを「江間」と言ったことを思い出した。「江明」とは「江間」が訛ったものでは。「江間」とは、船が入ることの出来る入り江を意味し、転じて船溜りや船着場を意味する地名となった。つまり、「江明」に船着場があり、そこが大高城を海路、知多半島の西海岸常滑辺りと結びつけていたのではないか。

今川義元が大高城を欲しがった理由は、その辺にあり、大高は知多半島の首根っこを押さえる場所にある。そこは伊勢湾を利用した交易がさかんであった大野、常滑への入口であり、尾張の主要部分へ、南から進攻する拠点であった。

では、大高城周辺を詳しくみてみよう。江戸時代は元禄頃の地図(愛知県図書館の絵図検索より一部引用)で、大高は以下のように表現されている。海は西に広がり、大高は川が海に注ぐ河口付近にあったことが分かる。

<元禄時代の大高周辺地図>

Oodakagennroku

ところで、この一見適当に描いているような地図であるが、現代の航空写真と比べてみると、古城と書かれた大高城址と鷲津砦址、丸根砦址の位置関係も比較的正確に描かれていることが分かる。ただし、大高村の北側に川の流れが描かれているが、これが大高川なら現在とは流路が変わっていることになる。

例えば、国土地理院のHPの空中写真閲覧サービス(http://mapbrowse.gsi.go.jp/airphoto/index.html)を見ると、1947/10/13という日付の米軍撮影の航空写真(作業名:USA40kCB, 地区:名古屋, コース:M554-A, 番号:78,撮影機関:米軍, 撮影日:1947/10/13, 形式:白黒, 撮影高度:6,705m, 撮影縮尺:1/43,910)が、上の地図に該当する 。

ちなみに、下図は江戸時代後期の知多郡の地図((愛知県図書館の絵図検索より一部引用)であるが、大高の西の海が干拓され、新田開発が進んでいることがわかる。

<江戸時代後期の絵図>

Oodakachizu1

このように、江戸時代前期までは大高城のすぐ近くまで海が迫り、前記の「江明」という地名が船着場を示す「江間」の転訛で、そこから船出して知多半島の西海岸へ海路でいくことは容易であったと思われる。

しかし、船で大高城を脱出したにしても、その供の人数は多くはなかったのだろう。岡崎についた時には十数騎になっていたというから十人乗りの武者船二隻くらいで船出したのであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.07

徳川家康と知多半島(その22:桶狭間合戦と徳川家康<後篇>)

前回まで、桶狭間合戦における徳川家康の活躍について書いてきた。家康が、この合戦を通じて、岡崎帰還を果たすと同時に、今川の支配下を脱し、織田の同盟者となって東海地方の一角を支配していくことになるのは、周知の通りである。

桶狭間合戦で今川義元が首級をあげられ、今川勢が敗走していた頃、徳川家康、当時の松平元康は大高城にいた。その元康のもとに、今川が負けたことを知らせたのは、水野信元であったという説がある。すなわち、水野信元が家臣の浅井道忠という者を遣わして、桶狭間の合戦の次第を知らせてきた。しかし、家康はこういう時は縁者でも信用できないといって、ひたすら篭城の用意をしていると、岡崎の鳥居元忠から知らせが来て、初めて退却を決めたという。また、水野氏ではなく、水野氏配下の梶川氏からの知らせであったという説もある。

<大高城>

Oodakajyo

筆者は、大高城にいた元康に、今川勢の敗北を伝えたのは、いくら伯父甥の関係であるといっても、水野信元ではないと思う。桶狭間の合戦に先立つ、村木砦をめぐる戦い、石ヶ瀬合戦において、今川勢は、織田方となっていた水野氏と戦ったのである。既に水野氏は忠政から信元の代となって、今川氏の支配下を脱し、天文12年(1543)知多半島の宮津城(新海淳尚)、成岩城(榎本了圓)を落として、長尾城の岩田左京亮安広を降伏させ、安弘は、出家し杲貞と名乗る。さらに、水野氏は河和城の戸田氏をも圧迫していた。水野氏は既に常滑に分流である常滑水野氏を置き、大野・内海の佐治氏と対抗関係にあった。常滑水野氏は、現在の半田辺りまで勢力を伸ばしたようだ。

このように、水野氏は知多半島を席捲した。そして、水野忠政の子信元は、織田方に組し、阿久比坂部の久松氏など配下となった在地の武士たちも織田方についた。それにたいし、今川義元は天文22年(1553)、現在の東浦町森岡に村木砦を築き、ここを尾張進攻の足がかりとしようとした。これに対し、近隣の緒川城、刈谷城に拠っていた水野氏は、忠政の代には今川、織田双方によしみを通じる身であったのが、信元の代になると織田方の旗幟を鮮明にしており、重原城、村木砦と今川方の城砦と目と鼻の先にいるという危うい位置にあった。むしろ、今川義元は、村木砦を緒川城、刈谷城という水野氏の拠点の間に築くことによって、水野氏の勢力圏に楔を打ち込んだと言っていい。

<村木砦>

Muaraki_1

したがって、石ヶ瀬などで今川勢と現に戦っていた水野氏、とくにその本流である水野信元や水野忠分から、いくら身内とはいっても今川勢の敗軍の将となった松平元康、後の徳川家康に救援があったとは考え難い。そもそも、大高城を今川が奪取し、鵜殿長照が守将として入るまでは、大高城主は水野忠氏、大膳亮忠守父子であった。この大高水野氏は緒川の水野貞守の弟(水野為善)が大高城主になったといわれ、尾張一円に多い緒川水野一族の一部が当地に進出したもののようである。この水野忠氏父子も、緒川水野氏が今川から織田方へ旗幟を鮮明したのに歩調をあわせて、当初今川方であったのが織田方となったものと思われる。大高山春江院という大高城近くの寺は、曹洞宗で、弘治2年(1556)大高城主水野大膳亮忠守が創建したという。春江院は、寺院ではあるが、周りを崖などで囲まれ、大高城の詰城の感がある。この水野大膳亮忠守とは、水野忠政の娘を妻としている。つまり、大高城主であった水野大膳亮忠守は、松平元康、徳川家康の叔父ということになる。その次男正勝は後に信長に仕えているし、嫡男大膳亮吉守は永禄6年(1563)三河一向一揆との戦いに参加して、家康より知行三千三百石を与えられているが、吉守の妻は水野信元の娘であり、親子二代に渡り、本宗である緒川水野氏と婚姻関係を結んでいる。

<春江院と大高城の位置関係>

Oodaka

<春江院>

Shunkouin1

ところが、水野大膳亮忠守は大高城を今川勢に奪われてどうなったのか。討死ならば、簡単だが、そういう消息も聞かない。緒川か刈谷に逃げたというのが、考えられるが、その後歴史の表舞台に出てこない。多分、水野大膳亮忠守は、大高城が落ちた瞬間、春江院に逃げ込み、その後ころあいを見て緒川に脱出したものと思われる。その後、歴史の表舞台に出てこなかったのは、すぐになくなったか、隠居したためではないか。

<大高川>

Oodakagawa

では、なぜ、徳川家康は桶狭間合戦後の敵が大勢いるなかを、三河の岡崎まで無事に帰ることができたのだろうか。

その一つのヒントが、桶狭間合戦に関する『信長公記』の記事にあった。

爰に河内二の江の坊主、うぐゐらの服部左京助、義元へ手合せとして、武者舟干艘計り、海上は蛛の子を散らすが如く、大高の下、黒末川口まで乗り入れ候へども、別の働きなく、乗り帰し、戻りざまに熱田の湊へ舟を寄せ、遠浅の所より下り立て、町口へ火を懸け候はんと仕り候を、町人ども寄せ付けて、焜と懸け出で、数十人討ち取る間、曲なく川内へ引き取り候ひき

註)うぐゐら:弥富町・鰍浦 

  服部左京助:服部左京亮友定、伊勢をルーツとする服部党のリーダー。尾張国二の江辺りを押領した。長島一向一揆の際に長島城代をつとめた

  武者舟干艘:千艘では多すぎ、二十艘とされる

桶狭間合戦当時、尾張下四郡、海東郡・海西郡・愛知郡・知多郡のうち、知多郡は寺本の花井氏に代表されるように今川方につくものが多く、織田氏の経済基盤であった津島、二の江(現在の荷之上)、うぐい浦(現在の弥富町)に力のあった服部左京亮友定も今川方に引き入れられていた。それは、服部友定が一向宗の僧であったことから、織田信長との対立を今川義元に利用されたということである。この服部友定は、信長公記では黒末川(現在の扇川)の河口、大高下まで出張ってきて、今川方としての活躍の場がなかったために、熱田に放火して帰ったとされている。しかし、わざわざ出てきて服部が何もせずに帰ったとは思えない。特に、大高城の近くまで来て、何もせずに帰ることはあり得ず、城内とはなんらかの連絡があったはずである。多分、今川義元は大高城の兵糧入れも保険をかけていて、服部にも要請しており、服部はその任務を果たすために大高城に入り、その帰りに熱田に放火したのではないか。熱田放火は今川方による、明らかな後方撹乱であった。

<大高城に隣接する海岸寺>

Kaiganji_3

服部が海から大高に入ったように、中世海進といって、当時は現在よりも海面が高く、海が内陸部まで入り込んでおり、大高城は今よりも海に近かった。桶狭間合戦の際にはなかったが、大高城の北側に隣接して海岸寺という寺がある。その名の如く、大高城は海に近く、すぐ側を大高川が流れていた、水運を背景にした城であったのである。

つまり、大高と知多半島の西海岸、西浦は容易に往来が可能であり、徳川家康は船で大高川を下って海に出て、大野か常滑に上陸したのであろう。船で一旦西へ下れば、桶狭間の敗残を血なまこで探している織田勢には遭遇せず、知多半島の西岸で上陸したとしても、元々今川方が優勢であった地域である、大高から直接東へ出るより幾倍も安全であったろう。もし、上陸したのが大野であれば、やはり所縁のある東龍寺か光明寺に入ったと思われる。光明寺は、浄土真宗小林山光明寺で、水野忠政娘於亀の再嫁した先である。

<大野の東龍寺>

Toryuuji

そして、常滑から岩滑経由で成岩の常楽寺に入り、そこで休憩した後、成岩浜からまた船で海を渡り、三河大浜に上陸したものと思われる。岩滑に「藩費の橋」といって尾張徳川家が修繕費を負担してきた橋があったが、それは家康が桶狭間合戦の後、常滑から衣川八兵衛を案内人として来た際に、渡った木橋にちなんで、尾張藩が費用を負担する橋という意味で、「藩費の橋」というのだそうだ。その伝承が事実であれば、常滑の衣川八兵衛は桶狭間合戦後と本能寺の変の後と、二度家康を警護し、案内したことになる。

ちなみに、当時の成岩辺りを支配していたのは、常滑水野氏であり、常滑から成岩にいたる地域は常滑水野氏が領有していた。桶狭間合戦後の徳川家康の岡崎帰還に、彼らが一役買っていた可能性は、むしろ緒川水野氏の織田に忠実でなければならない立場と比べ、あるい程度自立していたと見られることから、大いにあったと見てよい。

<「藩費の橋」>

Hanpinohashi

なお、この記事を書いた後、再度大高まで行ったのだが、地名からあることを発見?した(地名研究家なら知っているだろうが)。そのことについては、また次回述べる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.04.01

桜咲く小山城

先日、栃木県の小山市に少し行ってきた。小山といえば、「♪おやまゆうえんち~」という有名なCMがあったが、今や小山遊園地は稼動していないようで。

小山は、関ヶ原合戦の際に、徳川家康が小山評定という重要な会議を行った場所。その際に、山内一豊が豊臣家に近しい部将達を徳川家康に味方させるような発言をして、合戦後の国持ち大名への飛躍をしたといわれる。

小山駅前には、「小山評定の小山」というような、宣伝用の柱も立っているし、評定通りなどという通りもある。しかし、今回訪ねたのは、小山評定の場所ではなく、小山城。もっとも小山評定の場所も、城の一部のようである。城址にむかう途中、桜が満開になっていた木があった。早速、写真に撮ったのだが、なぜか風俗店が隣にあり、写らないようにするので一苦労。小生、いろいろ城址をめぐったが、城址の近くに風俗店が集まっているのは、小山城以外には知らない(もちろん、小生そういう場所には足を踏み入れていない)。

<小山城の東部にあたる住宅地>

Oyamajyouhukin

この小山には小山城という城がJRの駅からも歩いて7分くらいのところにある。桜がそろそろ満開になりかけており、翌日桜まつりがあるとのことで、準備の人たちが城址に集まっていた。屋台もはやスタンバイ。そこで、桜を見ながら、城址めぐりをした次第。

小山城は祇園城ともいい、戦国時代の大規模な城址が、思川流域の東側の台地にあるが、その範囲は現在の城山公園だけでなく、北側の寺境内まで含め、相当に広かったようである。

<主郭(Ⅰ郭)があったとされる城山公園>

Oyamajyoshukaku

<城址付近の桜もだいぶ咲いていた>

Sirohukinnsakura

この城を築城した小山氏は、藤原秀郷の後胤といわれ、平安末期から北関東に根を張った勢力を誇り、源平合戦の頃に源頼朝のもとに馳せ参じて、鎌倉時代を通じて下野守護に任ぜられた。さらに、鎌倉倒幕にあたっても新田義貞に随って鎌倉攻め、後に南朝と北朝に分立すると、北朝・足利尊氏方につき、宇都宮氏とともに下野の勢力を二分した。その後、室町時代に入り、康暦二年(1380)、義政は以前より対立していた宇都宮基綱と争い、鎌倉公方からの制止にも従わず、河内郡裳原の戦いで基綱を敗死させる。そのため、鎌倉公方足利氏満から追討を受け、小山義政は敗れて自刃、その子若犬丸も奥州に逃れて会津で果てたという。ここに小山氏の嫡流は途絶えるが、平安以来の名跡を惜しんだ足利氏満が、同族結城基光の次男泰朝を迎えて小山氏を継がせた。

<主郭(第Ⅰ郭)と第Ⅱ郭の間にある堀の手前の大きな土塁>

Dorui

その後、再興小山氏は、小山をなんとか名跡を保っていたが、関東が享徳3年(1454)の上杉禅秀の乱に端を発した享徳の大乱で、関東公方(後の古河公方)と上杉氏との対立を機軸にして戦国時代に突入すると、小山氏は古河公方についていたものの、その後家中の対立などあって次第に衰退し、その小山氏を勢力を立て直したが、結城から入った高朝であった。高朝の課題は、乱れていた小山氏一族および家臣団を統制することで、、水谷(みずのや)氏等反抗的家臣に対しては武力で抑え、協力的家臣には所領安堵や加増、一字付与等を行って結束を固め、奪われていた旧小山氏領を回復していった。

<主郭(第Ⅰ郭)と第Ⅱ郭の間の堀>

12hori_1

<堀越にみる思川>

Hori12omoigawa

しかし、上杉氏や後北条氏の勢力には勝てず、高朝とその子秀綱はその間で翻弄され、やがて後北条氏は小山氏領に進攻し、結局、天正3年(1575)後北条氏の猛攻によって小山城は落城、秀綱は常陸の佐竹義重のもとへ逃れた。天正18年(1590)の小田原の役では、後北条氏配下にいたため、結城晴朝の攻撃を受け小山城は再び落城。 元和2年(1616)、徳川将軍家側近の本多正純が三万石で小山城に入ったが、本多正純が元和5年(1619)に宇都宮に転封になると、小山城は廃城になった。

<Ⅱ郭>

2kaku

<第Ⅱ郭の郭と馬出しの間の堀>

Hori2

この城、単純に言ってしまえば、南になる第Ⅰ郭から、北へ第Ⅱ郭、第Ⅲ郭と連郭式になっており、郭と郭の間には深い堀があり、今はコンクリート製の橋が架かっているが、かつては木橋が架かっていたようである。しかし、堀の深いこと。第Ⅰ郭と第Ⅱ郭の間の堀で10mくらいあるだろうか。東側の住宅地になっている場所も、昔は低湿地であったようで、西は思川であるので、東西からは攻められず、攻めるとすれば南北からであるが、そこは土塁などで防御を固めている。

道路を隔てて南にある小山御殿址も、実は城址の一角であり、ここは本多正純が元和5年(1619)に宇都宮に転封になり、小山城が廃城になった後、徳川将軍家の日光社参のための宿泊所、休憩所として作られたものである。この小山御殿にも堀と二重になった土塁が周囲をめぐり、十六もの番所を備えて警固にあたったというから、徳川将軍家用の特別な施設といえるであろう。

<小山御殿址>

Gotenato

なお、当日城址と道路を隔てて南の御殿址には、桜まつりの準備の人たちと地元の行楽客が多少いたのだが、桜まつりの最中には沢山の人出となることは明らかで、その場合には城をゆっくり見ることは出来なかったかもしれない。気の早い人たちは、もう花見をしていたし、出店も一部は営業していた。

第Ⅱ郭にあるあづまやで、付近の女子中学生?2人組が無心にりんご飴を食べていたが、口の周りを赤くして可愛いかった。親子連れなども多く、のどかな雰囲気。とても、室町から戦国時代にかけて攻防が行われた城址とは思えなかった。

<第Ⅲ郭>

3kaku

<Ⅱ郭とⅢ郭の間の堀にかかる橋>

23hashi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »