« 柏の葉キャンパス駅近くにある「高田原開拓碑」 | トップページ | 徳川家康と知多半島(その30:桶狭間合戦当時と事後の水野氏の動向) »

2008.04.17

半田・武豊の春祭り

知多半島は春になると、各地区で春祭りを行う。半島の南のほうから、小生が住んでいる武豊町や半田市、あるいは常滑市といった地域は4月には祭りのシーズンになるが、よそから来た小生のような人間は交通規制が一番の関心事である。

半田は特に山車で有名で、図書館に隣接した博物館には大きな山車が展示され、五年に一回秋に行われる山車祭りには市内だけでなく、愛知県・近県から観光客が集まる。山車の巡行は京都の祇園祭の山鉾巡行に似ているが、あれほど大きなものでなく、各町の地区ごとに小ぶりな山車を持っていて、それがその地区の神社などから出発し、町の主だった筋をまわっていく。

<成岩神社の山車>

Narawadashi

もともと、知多半島は中世から海運で栄え、農業・漁業に加えて窯業が盛んな地域であったが、半田や武豊は江戸時代から酒、酢、味噌、醤油などの醸造業が盛んなところであった。江戸時代、灘の酒と称して、知多半島で作られた酒がかなり出回っていたようだ。酒は今でも、国盛とか半田郷などあり、初夢桜というきれいなネーミングの銘酒もある。また酢では、有名なミツカン酢、中埜酢店の本社は半田にある。

<国盛の甘酒>

Amazake

例年、三月下旬から五月上旬まで、各町それぞれの氏神社に、豊作、豊漁、繁栄、息災を祈願して春祭りが行われるが、会社の人でも祭りに熱心な人もおり、この時期になると知多半島のケーブルテレビでは祭りの様子を延々と流している。なぜ、かくも祭りに熱心なのだろうか。

祭りの出物は、山車や踊りなど。まあ、何といっても山車であろうか。山車は江戸時代に作られたものから明治、大正、昭和のものがある。成岩神社のは、一台が江戸時代、あと三台は大正期に作られたものである。抱き地蔵の近くに格納されている旭車という、山車は、大正13年(1924)建造のものであるが、大幕という、山車の胴の部分にかけられる朱色の布幕にはきれいな亀の刺繍がほどこされている。

<美しい山車の飾り>

Narawadashi_sishu

各地区、各神社ごとに色々な山車があり、その彫刻や飾り物の贅を競っているように見えるが、彫刻は古今の豪傑英雄や神々、竜虎、亀といった動物、説話の登場人物などが題材である。大幕には、金糸銀糸でやはり英雄や竜虎などが刺繍される。

稚児が三番叟を舞うのも、祭り情緒をかもし出す。下は、偶然撮ったもので、おそらく家族と思われる人たちが稚児役の少年を背負っていく様子。だいたい、カメラ持参で、さあ撮るぞと向かったときには失敗が多いが、偶然カメラを持っていて撮ったもののほうが良いものが撮れるものである。

<三番叟の稚児一行>

Taketoyosen

昼食で、魚料理の店にいったところ、カウンターに山車の模型が置いてあった。知多半島は、春は祭り一色のようである。

<山車の模型>

Uokatsu

|

« 柏の葉キャンパス駅近くにある「高田原開拓碑」 | トップページ | 徳川家康と知多半島(その30:桶狭間合戦当時と事後の水野氏の動向) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84760/40900791

この記事へのトラックバック一覧です: 半田・武豊の春祭り:

« 柏の葉キャンパス駅近くにある「高田原開拓碑」 | トップページ | 徳川家康と知多半島(その30:桶狭間合戦当時と事後の水野氏の動向) »