« 松戸にあった相模台城とは、どんな城だったのか | トップページ | Legend of Xanadu 木更津海軍航空隊の伝説 part.2 »

2009.09.23

Legend of Xanadu 木更津海軍航空隊の伝説

「千葉県の戦争遺跡」http://www.shimousa.net のHPを手伝っているのであるが、最近では自分のHPを更新する間もないほど、こちらのほうに専念してしまっている。ほかにも、某団体のHPを頼まれて面倒みており、こちらはそれほど更新があるわけではないが、負担は少しある。もう一団体、面倒みることになったら、小生は完全にパンクするだろう。なんとか、それだけは避けたい。

「千葉県の戦争遺跡」の構成は、左サイドにメニューがあって、以下のような構成である。

<千葉県の戦争遺跡のメニュー>

Chibaken

主頁:国破在山河

血涙の軍隊手帳

千葉県の戦争遺跡

軍郷習志野

陸軍習志野学校

「支那囲壁砲台」

「首都防衛」の飛行場

鉄道連隊の戦争遺跡

日本各地の戦争遺跡

戦時中国の写真集

大東亜共栄圏の虚妄

資料室

と、一応HPらしく構成してある。

メインの「千葉県の戦争遺跡」はメニュー画面だけで、同名のブログにリンクさせている。だから、ブログ「千葉県の戦争遺跡」を直接見ている人が多く、そのアクセスは今までに約7万9千。といってもアクセスカウンターは途中からつけたため、正確なアクセス数は不明で、10万はとっくに超えているはず。一方、HPのアクセスのほうは、3万いくらであり、もうこの時点で主客転倒している。

アクセス解析では、結構アクセスが多いのは、「千葉県の戦争遺跡」のメニューを除けば「軍郷習志野」が突出し、「陸軍習志野学校」や「血涙の軍隊手帳」のページも多い。

内容的には、以前から鉄道連隊を取り上げており、最近は「『首都防衛』の飛行場」として、柏、松戸、印旛の各飛行場(いずれも陸軍)を取り上げるなど、幅広くなってきてはいるが、「千葉県の」とうたっている割には、東葛地域に偏っている感じで、もっと幅広いテーマを取り上げるよう、計画している。しかし、あれこれ注文が多く、他のHPなどとあわせて、維持するのに汲々としている。

あれこれ使われることへの抵抗感もあって、「資料室」のページではHPの趣旨と多少ずれた洋楽系のページでもいれてしまおうかなと思ったりしたが、オーナーの了解が得られず、音楽は軍歌どまりとなっている。また、ソ連の軍歌をいれるとのことで、お前の好きな洋楽だといっていますが、それじゃ洋楽とは言えないと思う。

一方、前述の通り、「軍郷習志野」とか「陸軍習志野学校」、鉄道連隊系のページは結構見ている人がいるらしく、それなりにアクセスがあるのだが、最近設置した「『首都防衛』の飛行場」はさっぱりである。松戸、柏、印西と飛び歩き、市の学芸員からのヒアリングなどはもっぱら小生の仕事としてやってきたが、資料集めなどはおん大将がやっているとはいえ、大変である。

さらに、松戸の陸軍工兵学校や房総の木更津、茂原、香取といった海軍基地、航空隊跡についてもページを作ることになった。鉄道連隊がらみの近くの写真も撮ってあり、工兵学校のほうは、ネタ的には前からの蓄積もあるし、いざというときは松戸市に聞けばいいので何ということもないが。海軍基地のほうは、今から困難が予想される。

<松戸の陸軍工兵学校跡>

Eimon1

「お前はいつから陸軍ばかりやっているんだ、こっちは海軍だぞ」、といわれても、小生自身は軍隊にはいったことはござんせん。やむなく、先日木更津に行ってきた。

JR総武線の快速に乗り、内房線に入ると、蘇我までは見慣れた風景。しかし、浜野からは、ほとんど知らない世界。といっても、おととしくらいには八幡宿には行ったっけ。快速電車を袖ヶ浦で降り、乗り継ぎが20分ほどの待ちとなり、外へ出て昼飯を食べることにした。しかし、駅前に殆ど店がない。少し歩くと、ホテルの一階がレストランになっていたので、そこで寿司を食べた。もともと、寿司屋だったのが、ホテルになったようなところであった。にぎりがやけに大きく、ネタも大きい。この辺は、そういう寿司なのだろうか。

結局電車でまた一駅行って、巌根という駅からとぼとぼと、航空廠跡や航空隊の跡を訪ねて行ったが、とにかく広い。また、現在の航空自衛隊と海上自衛隊の間にある「海軍道路」という広い直線的な道路沿いには、店がまばらにしかない。途中間違えて引き返し、ヤマザキデイリーストアを発見したときには地獄に仏という気がした。

<海上自衛隊補給処の門前にある錨>

Kisarazu_ikari_2

ヤマザキデイリーストアで、海上自衛隊補給処へ行きたい旨言うと、「ああ、陸海とならんでますからね、手前が海自で、まっすぐ行ったT字路の先ですよ」ということだった。さっき、小生が曲がってきたのは、どうみても十字路。おかしいなあと思いながら進めば、自分が曲がってきたのは、途中の交差点で、さらに道は延々と続いていた。

ヤマザキデイリーストアの店の人は、「陸海」と言っていたが、巌根駅に近いところには航空自衛隊もある。つまり、「陸海空」と旧海軍基地を自衛隊は仲良く分け合っているのである。海軍の基地だったのだから、海自がもっとのさばっていてもよさそうだが、広い飛行場跡は陸自の航空隊が押さえている。この広い海軍道路といい、これはもしかして、キサナドゥならぬ、木更津の伝説ではないか。

<海軍道路>

Kaigundouro

海自の補給処の前を南に道なりにいくと、堀そいに基地のフェンスがあり、それがずっと続いている。堀は、だんだん広くなる感じで、水門もいくつかあった。魚がいるようで、親子で釣りをしている人もいた。さすが、木更津である。だいたい、陸自の門のあたりなど、船橋で良く見る漁港風景のようではないか。

陸自の門は、海軍航空隊の門があった場所で、周辺の公園になっている場所にも、射撃の的を置いた台のようなものがある。また古い給水栓があり、もしや旧海軍のものかとおもいきや、マークは海軍のものではなく、自衛隊のもののようであった。

<木更津海軍航空隊跡~現在の陸上自衛隊木更津駐屯地の門>

Kisaradukoukuai

上の写真の左側の船が並んでいる、さらに左(南)にはやはり水門があり、もっと行くと本格的に漁業をやっている場所になるが、その辺はかつての水雷基地である。しかし、今回は余りゆっくりできない。10月4日の木更津航空祭の際に、また来るとしよう。

結局、見学はそのくらいにして、帰途についた。といっても、バスの時間には間が空きすぎ、木更津駅まで徒歩である。途中、店がある程度建てこんだ場所に出たのだが、閉まっている店ばかりで、御土産を買うような店もない。なにか寂れた商店街だと思いながら、ふと上をみると、小さな看板に「木更津銀座」とあった。地方都市が、こんなに疲弊しているとは。

切られ与三郎とかこうもり安の墓だか、供養塔か何かがある寺というのも、駅の近くにあったのであるが、疲れてしまい、まっすぐに駅へ向かった。

文章は余り書かなくていいとはいえ、「千葉県の戦争遺跡」HP取材は結構しんどい。だれかアルバイトでやってくれないかなあ、と思ってしまう。以前、漫画を書いてくれる人を探そうとしていたが、本気でカメラマンとかスタッフを募集しようか。

なお、今回は、旧国鉄から海軍航空廠への引き込み線の線路を見つけたのが、一番の収穫だろうか。自衛隊の中に入らないと、肝心な遺構はなかなか見られない。

<引き込み線の線路>

Kisaradu_hikikomi

|

« 松戸にあった相模台城とは、どんな城だったのか | トップページ | Legend of Xanadu 木更津海軍航空隊の伝説 part.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Legend of Xanadu 木更津海軍航空隊の伝説:

» 前原国交相 ほんとにほんとに御苦労ね [中年ジェット]
♪楊芽を吹くクリークで 泥にまみれた軍服を洗う姿の夢をみた お国の為とは言いながら = ほんとにほんとに御苦労ね = 民主党に政権がかわって、国民の大多数は無駄なダム工事を中止する政府の方針を歓迎した。しかし、既得権益にまみれた自民党土建族は、ダムのような利権をなかなか手放そうとしない。 地元住民を補償金で懐柔し、いまやダムは金まみれ、肝心な工事はいっこうに進んでおらず、このまま進めると、さらに膨大な金が飛んでいく。全体で8千億円かかるとされ、既に半分くらいの金を使っている。..... [続きを読む]

受信: 2009.09.27 09:56

« 松戸にあった相模台城とは、どんな城だったのか | トップページ | Legend of Xanadu 木更津海軍航空隊の伝説 part.2 »