« 手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会紹介動画 | トップページ | 手賀沼沿岸の風景 »

2014.03.02

倉敷の街も雛祭りムード

雛祭りが近いため、2月の終わりから倉敷の街も雛祭りムードになっている。

今まで一度しか乗ったことのない水島臨海鉄道に再び乗れば、電車の先頭のプレートが雛人形の絵柄であり、中にも子供さんの雛人形の折り紙が飾ってあった。

Hinaressha

Hinaressha_shani

倉敷の街中、商店の店先などの色々なところに雛飾りがある。 えびす通り商店街の鶴形山に近いところにあるレトロなたばこケースのある商店にも小さな雛人形が飾ってあった。また繭玉と一緒に透明なアクリル板か何かのなかに雛人形の絵を埋め込んだものも、商店の脇にあった。

Tabako

Kurashiki_mayudama_hina

倉敷の美観地区の中ではないが、比較的近い場所にある喫茶店に時々行くが、そこでいつも同じ種類のコーヒーばかり飲んでいる。 自分の注文するものは、お店の方でも分かっているはずだが、一応注文は聞いてくる。

お客さんが作ったという切り絵の猫の前に何かあり、自分は目が悪いので何か聞いてみると、若い女店主は「お雛様」という。 そこで写真を撮らせてもらった。

Rouault_hina

この雛人形は向かって右が男雛になっているが、最近よく見かける雛飾りは大抵男雛が向かって左になっているのに気付いた。 今は自分の家では雛人形は飾らないが、子供のころの記憶では向かって右が男雛ではなかったか。

女店主に「向かって右が男雛になっているけど」というと、「私間違っていましたか」という。

「いいえ、あなたが正しいです」

デパートの雛人形の展示も皆向かって左が男雛。 ほかの店先にあるのもほとんどが同様であったが、ある商店の店先にあった戦前の古い雛人形は向かって右が男雛になっていた。

大橋家住宅なら、古い雛人形が飾ってあるかもしれない。 そう思って大橋家住宅に入ると、はたして江戸時代や明治のころの雛人形があり、どれも向かって右が男雛という飾り方であった。

Oohashike_mise

Oohashike_ninakazari

Oohashike_tokonoma

床の間にある立ち雛の額も、向かって右が男雛である。

|

« 手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会紹介動画 | トップページ | 手賀沼沿岸の風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84760/59227112

この記事へのトラックバック一覧です: 倉敷の街も雛祭りムード:

» 岡山県倉敷市某所にある謎の研究所 [愛国の花−花ちゃんブログ]
あなたの知らない世界。 キャー、こわい。 とんでもない大胆な名前の、研究所が、岡山県にあるというのを風の便りに聞きました。 このたび、それを実見するに至りました。 その謎の研究所は、岡山県倉敷市の郊外にあります。 倉敷と言えば、大原美術館があり、きれいな場所というイメージがありますが。 倉敷って、こういう街なのですが、車が運転できないと何かと大変なので、みんな通称「クラ..... [続きを読む]

受信: 2014.03.09 23:18

« 手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会紹介動画 | トップページ | 手賀沼沿岸の風景 »