千葉城 お茶の水の不動。もう一つのより、やや大きい。火炎の光背がはっきりしている。