群馬県勢多郡神戸の太郎神社境内にある道祖神。中央は根性大明神と書いているが、男性器をあらわす。金精(こんせい)さまといわれることもある。左側は双体道祖神であるが、欠けているのが惜しい。