船橋宿の西のはずれ、かつてお仕置き場があったという場所にたつ。

真ん中にうつっているのは、阿弥陀如来立像供養塔(延宝8年・1680年)