mori-chan.cocolog-nifty.com > 城のある風景

桐生城遠景

桐生城遠景

群馬県桐生市

檜杓山城とも呼ばれる桐生城。この城は南北朝期の桐生氏当主である桐生国綱により築城された。城山(じょうやま)頂上が本丸、その西下に二の丸、三の丸と階梯式に郭が続く。元亀4年、天正元年に由良氏に攻められ、桐生城は落城、当主親綱は佐野へと落ち、以降由良氏の城となる。その由良氏も小田原北条氏について小田原篭城戦を戦ったために、牛久へ移封となり、桐生城は廃城になった。