mori-chan.cocolog-nifty.com > 城のある風景

梅原館址にたつ薬師堂

梅原館址にたつ薬師堂

群馬県桐生市

梅原館址は桐生市久方の平地にあって、現在薬師堂がたっているが、周囲を土塁が取り巻いていた様子が顕著に残っている。特に北から西と、南の一部に土塁が残存し、かつてはその外側に空堀がめぐっていた。この館は桐生六郎を始祖とする桐生氏4代(前桐生氏という)の館であり、桐生六郎が主君である足利俊綱、忠綱父子を裏切り、源氏に返り忠をしたため、かえって頼朝の怒りをかい、処刑されたが、その子孫は領地を安堵され、この地に蟄居したという。足利俊綱、忠綱は足利尊氏の先祖(源氏の足利氏、源姓足利氏)とは異なる藤原秀郷系の藤姓足利氏であり、桐生六郎の裏切りによりその嫡流が途絶えた。